Marvelicks(マーベリックス) セキュリティソフト

有害サイト対策機能の役割とメリット

インターネットを悪用した犯罪は耳に新しいところではパソコンの遠隔操作などがありました。

 

日本でインターネットが普及し始めたのはおよそ20年ほど前のことです。

 

その時から現在までもの凄いスピードでインターネットは普及し、現在ではなくてはならないものにまでなりました。

 

その分、インターネットを利用した犯罪は増加の一途をたどっていると言っても良いでしょう。

 

クレジットカードの番号や個人情報を盗んでしまうマルウェアなどその手口も複雑化していますので、多少パソコンをかじったと言う程度の方では最早太刀打ち出来ないほどに犯罪も高度になってきています。

 

そこでセキュリティソフトに組み込まれているのが有害サイト対策機能となります。

 

有害サイトとは一般的にはフィッシングサイトなどや未成年に対して有害であるサイトなども含んでおり幅広いものがあると言って良いでしょう。

 

フィッシングサイトとは、例えばですが何らかの支援金を募るウェブサイトがあったとし、そのサイト経由で募金をすることで、募金した金銭、さらには個人情報まで盗まれてしまうと言うような偽のウェブサイトのことです。

 

勿論きちんとした募金のウェブサイトもありますので余計に見分けがつきにくく、非常に厄介であると言っても良いでしょう。

 

悪意のあるプログラムであるマルウェアを仕込んでいるサイトなどもあり、サイトに接続するだけで感染し個人情報を盗まれてしまう被害は後を絶ちません。

 

こうしたサイト見極めるにはどうしても有害サイト対策機能がついたセキュリティソフトが必要だと言えます。

 

インターネットを使うことが身近になった現在だからこそ、余計にこうしたセキュリティソフトが必要とされているのが現状です。

 

多くのセキュリティソフトでは有害サイトにアクセスしようとした時にはアクセスを遮断する機能がついていますので、マルウェアやフィッシングサイトに引っかかってしまう可能性を大きく減少させることが出来るようになっています。

 

 

マーベリックス セキュリティソフト トップページへ戻る