Marvelicks(マーベリックス) セキュリティソフト

迷惑メール対策の役割とメリット

最近のセキュリティソフトには迷惑メール対策の機能がついていますがその役割はどういったところにあるのでしょうか。

 

迷惑メールほど送られてきてうんざりするものはありませんよね。メーラーを立ち上げてチェックすると多量の迷惑メールがあると見るのも大変です。

 

迷惑メールと一口に言っても2つのタイプがあります。

 

1つはウイルスに感染したパソコンから送られてくることや、故意にウイルスが添付された状態で送られてくるメールです。

 

もう1つは、メールを取る許可をした覚えもない広告のメールです。

 

メールが送られてくる量的に言うと、後者の迷惑メールの方が断然に多いでしょう。

 

前者の迷惑メールは基本的にセキュリティソフトの開発をしている方やそちらの方面に興味のある方以外には迷惑と言えるメールですね。

 

多くの場合はセキュリティソフトを導入していることによって、前者のメールの場合は削除されることになります。

 

基本的にウイルスに感染したパソコンから送られてくるメールの場合は、感染しているパソコンに保存されているメールアドレスにばら撒かれる形で送信されていますので、送り先となっているメールアドレスの人は気づいていない場合が多いです。

 

その為に何度も同じメールを大量に送ってくることになる場合が多いですが、最近ではあまり見られなくなってきました。

 

一方的に送りつけられてくる広告のメールについては独自に収集したメールアドレスのリスとに従って故意に配信されているものとなります。

 

こうした迷惑メールの対策をするにはアドレスをブロックするしかありませんが、いたちごっこにあると言っても良いでしょう。

 

基本的に迷惑メール対策ソフトの場合、ウイルスはチェックしてくれますので前者のメールであれば削除するなどチェックの対象となります。

 

後者のメールの場合、テキストやウェブサイトへのリンクだけになりますので、チェック機能が働くことは少ないです。

 

しかし、広告のサイトだと思ってクリックするとフィッシングサイトにリンクされていたなどと言うことも少なくありませんので注意が必要です。

 

セキュリティソフトの中には後者の迷惑メールなら迷惑メールフォルダに別けるように出来る設定などもありますので、しっかりと利用していきたいですね。

 

 

マーベリックス セキュリティソフト トップページへ戻る